忘れちゃいけないこと ー 土井サオリ

サンキャッチャーからの光(by 元旦)

 

元旦から「インフルエンザA型」を発症し、
お正月らしい機会を、
すべて逃しました。(泣)

 

身体の節々が痛くないって幸せですね。
普段の何気ない暮らしの有り難さを、
改めて実感できた年明けでした。

 

 そんなこんなで >>前回のつづきを

 

「まだまだ低かった『選択の位置づけ』」

他によく思い出すのは、高校受験の頃。
(今でも何度も夢に出てくるトラウマか〜)
当時、「絵」と「バレーボール」で
悩んでいたので。
(今は、どちらも信じてもらえませんが…)
学生の頃は、
本当に「絵を描く」事が好きでした。

 

中学校の担任が
美術の先生だったこともあり、

「美術の学校」を進めてくれていたにも
関わらず、
経済的な理由と、
部活の先輩の誘いもあって、
私は公立高校を選んだ。

 

『公立高校の合格』を報告しに行った時、
校舎の窓の2階と3階から、ちょうど上下に
バレー部の先生と美術の先生が見えていて、
二人共と目があった。

 

私は腕で大きな丸を作り、
中学生らしく合格を伝えた。

 

3階にいたバレー部の先生は満面の笑みを、
2階にいた美術の先生は悲しそうな笑みを、
同時に私へ送った。

 ー 忘れちゃいけないと思った ー

 

それから高校2年の春、膝の損傷で、
ドクターストップを告げられ、7年間続けた
バレーボールを辞める決心をした。

 

少しの間ひきこもり、依頼されていた
ダンス大会で使用するポスターだけは
完成させ、
担任の先生に渡したその日
(家庭の事情も重なり)
高校を自主退学した。

 

後悔している暇はなかった。

 

みんなから遅れを取っていた私は、
カメラマンのアシスタントをしながら、
ようやく陶芸の学校に入り直した。

 

そろそろ、
今の仕事へ近づいて来た気がします。

次あたりでまとめられるのか!?
では、また次回お会いしましょう。

 


「ふるふる舎」Web


▼アンサーformながい

 clue-tegakari.com 
clue|study& web magazine&cafe
http://clue-tegakari.com/yodan/1-18%E3%81%AE%E5%9C%9F%E4%BA%95%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%B8
学習塾(zemi)、cafe&パン屋、仙台発のフリーペーパー発行の運営をしています。さまざまな側面から 「勉強」と「生活」を考え、 「てがかり」(clue)を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です