台湾の独立書店 ー 山田和寛

 

友人が台南で展示をするということで
設営を手伝うために台湾に行きました。

 

設営をひとしきり手伝った後、
台南市内をひとりで見て回りました。
ろくに下調べもせず現地入りしたため、
とりあえず国内旅行をするときと同じように
本屋巡りをしてみようと思い立ちました。

 

書店ならなんでもいいかというと
そうではなく、
デザインを生業としている身としては、
イケてる本屋、
すなわちインディペンデントな、
インディーズな書店に行かなくては
なりません。

大規模に流通していない、
個人的な動機でつくられた

ミニコミやZINEなどを扱っている店
というイメージでしょうか。

 

同じ漢字文化圏なのが幸いして
「台南 独立書店」でGoogle検索すると
いくつかヒットしました。

最初にたどり着いた林檎二手書室は
まさに日本のそれに近く、
お〜これだよこれ
という感じの佇まいでした。

 

人文、歴史、文芸、映画、アート、旅行、
絵本、漫画など幅広いジャンルを扱う
古書店で、
店内にはDVDやCD、
歌謡曲のテープなんかも豊富。

日本人の客が珍しいのか
お店の人といろいろと話し込みました。

気脈が通じる現地の人とのひとときは
楽しいものです。

 

そして台湾の出版物の印象ですが、
日本の本と佇まいが似ていて、

カバーには帯が巻かれているし、
凝った装丁のものも多く、

また日本の文化を扱うものも豊富です。

 

独立系出版社の気概を感じる雑誌もあり、
ほんと、楽しかったな……。
帰りのスーツケースは
20キロを越えました。

 

===余談===
台湾ではたくさんの
「○○二手書店」
という名前の本屋が多い事に気付き、

二手グループおそるべし……
と思っていたのですが、

「二手」とはつまりセカンドハンドで、
すなわち古書店という意味でした。

こういう気付きが
漢字文化圏の旅の面白いところです。

 


「nipponia」web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です