4.27の福井さんへ

 

4.27の福井さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
楽しいとき。” について。

 

毎日相手にしている子どもたちの
気分や体調は、
まるで猫の目のように
コロコロ変わります。

 

眠そうな顔をしている日もあれば、
やる気に満ちた顔をしてるときもあり。
と、思えばなにやら憂いがある顔も。

塾は勉強する場だから、
真剣に取り組まなくてはならない!

なんてことを言うのは簡単だけれど、
子どもにとっては、
そんなことを言われても。 です。
 
受験期のあるあるで、

「合格まで恋愛はしない」

というのがあります。
はて、これはコントロール
できるものなのかと。
 
 
先日、生徒の1人がニヤニヤしながら、

「先生!○○君が
 好きな子のことが気になって、
 集中できないようです!」
 
なんて、要らない情報を伝えてきました。
ここでふと、

「たるんどる!」

と叱りつけることを
期待されているのかなと。
商売上ね、保護者さんに。
 
 
しかし、恋バナのみならず、
彼らの浮き沈みのコントロールは
諦めています。
もはや自然現象のようなもので。
 
 
そこで、「抑えつける」ではなく、
「折り合いをつける」にシフト。
長文を前に気を失いつつある彼らに、
ソッとiPadの英単語ゲームを渡します。
敵を倒すやつ。
 
 
急に元気になる彼ら。
ぼんやり長文解説を聞くより、
よっぽど時間の有効活用。
計画する、というのも
大事かもしれないけど、

やる気のない状況を
うまく活用できる策をいくつか作っておく。
 
これ、勉強を続ける上での重要事項です。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です