4.27の高橋さんへ

 

4.27の高橋さんのコラムについて。

 

トヲ ハムブラゲラズ プレアゼ

今でこそ偉そうに
英語の授業などしておりますが、
中1の頃は、みなさん同様、
無理矢理ローマ字に直して覚えてました。
この呪文のような言葉は、英語で書くと

Two hamburgers , please.

 

「u」は「う」だと習ったので、
バーガーになるはずがない。
こんな理不尽な言葉が世の中にあるのか。
一生書ける気がしない。
そう思ったのも、みなさん同様。

 

しかし今や、ある程度長い単語も
サラサラ書けるわけで。

「なんで?」

と生徒に聞かれるけど、
自分でもよくわかりません。
やったことと言えば、
とにかくいっぱい音読して、
いっぱい書いたことです。

 

どの教科もそうだけど、
特に語学なんてのは、

できない  → できた

の境界線がはっきりしない。

 

こういうのは、

「とにかく浴びるようにやる」

としか言いようがなく、

「いつのまにか」

に任せるしかないのですが、
どうも、即時的な結果を
求めがちな世の中で。

 

速習!これをやれば!
みたいなメソッドはたくさんあるけれど、
それを選ぶのに時間を費やしている人が
多い気がします。
塾選びにも、参考書選びにも。

 

そういうのは
あくまで「ヒント」であって。
それよりも、まず
そのへんにある英文を読んでみるとか、
問題を解いてみた方が感覚をつかめます。
ガムシャラに。

 

急がば回れという言葉は
受験(それに限らずですが)に
ぴったりな言葉かと。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です