4.28の有福さんへ

 

4.28の有福さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
BELT理論 ” について。

 

タモリ倶楽部が好きで。
あそこに出てくるのは、
独自の理論をもっている方々。

 

なんなのそれ、って笑ってしまう一方で、
そういう視点かー!
と仕事面でも勉強になることだらけ。
とにかく素晴らしい番組です。

 

教育現場においては、学校の理論、
塾の理論、先生の理論、
というのがありまして、
カスタマー側は、どれが正解かを見極め、
その理論に導いてもらおうと、お金を出す。
そんな姿勢の人が多いですが、
私はこれに違和感を感じます。

 

人それぞれ環境や能力は違うわけだから、
「理論」もそれぞれ。
大谷くんのやり方を真似しても、
誰もがホームランを打てるわけじゃないと。

 

だから、「先生」という人の役割は
生徒がオリジナルの理論をつくる
「手伝い」だと思っております。
オリジナルの理論を持ってる人は
強いですよ。
人の理論はアップデートできないけれど、
オリジナルなら自由自在。

 

私なんかは、人の理論を聞くために
飲み会に参加していると言っても
過言ではなく。
ブラッシュアップの手がかりを
探しているわけです。

 

タモリ倶楽部をみてもわかるように、
オリジナルの理論をもっている人は
非常にめんどくさい!
いつまでも話が終わらない!

 

先日、めんどくさい有福さんと、
めんどくさい話を繰り広げてきました。
楽しかったな〜、話し足りない。
またお付き合いお願いします!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です