ハイ、ユー。 ー chon-muop(澁谷 橙)

 

娘がいます。
実の娘です。5歳児。

 

娘の父(わたし)も母(妻)も、俳優です。
仕事や育児とのバランスや、
移住後の環境もあり
いまは俳優としての活動から離れています。

 

わたしは演じることが好きです。
俳優とか関係なく、ついやっちゃいます。
ちがうモードになって
喋ってみたりしたくなるんです。
それを見て、娘はいやがったり
怖がったりすることが多い。

 


おとうさんじゃない、と言う。
泣く。
ごめんごめんと言い、お父さんに戻る。
はて、戻ったのか、進んだのか。
何も変わっちゃいないのか。

 

5歳のきみは、4歳のきみよりも
おとうさんじゃない、
と言わなくなったね。

 

じつはお父さんは
演じることを少しずつ
ものまねすることにシフトして
きみを笑わせようとしてみている。
わりとものまねがうまかったんだなぁと
34歳にして実感している。

 

そしていつか絶対に
僕が演劇のなかに立って
俳優してるところを見て
本気で笑ってもらいたい。
そんなことを最近考えたりしています。

 

妻はどんなもんかなぁ。
話してみようかな、俳優みたいに、突然。

 


chon-muopのブログ『沸きあげ保温』

 


2018年04月30日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 劇団 chon-muop | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です