5.3の青山さんへ

 

5.3の青山さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
憧れのデザイナー ” について。
 
 
愛でナイ、愛でマス、愛でる
愛でるトキ、愛でれバ、愛でろ
 
 
世の中には「達人」とか「アーティスト」
という人がおり、ここで書き込みを
してくれている方々もそう。
 
 
私からすると、
 
なんでそんなの作れるの?
なんでそんな写真が撮れるの?
なんでそんな絵がかけるの?
 
という感じ。
 
 
皆さんとお話ししたりしますと、
才能云々以前に、その対象に対する
尋常ならざる愛が感じられます。
愛があるから、
普通の人にはみえないものがみえる。
 
 
かくいう私も、受験問題を愛でています。
キモ!とか言われそうですが、本当です。
こんなクソつまんねーもの!
と多くの学生さんは思っているのでしょう。
そういう姿勢の学生さんに対して、
職業上どう対応すべきか。
 
 
学校の先生や塾講師の大部分は

「愛でろ。さもなければ…」

という姿勢。
 
 
うーん。
命令形として「愛でろ」は
文法上存在しますが、
実生活において適切な言葉かどうか。
どっかの国の王様かよ、と。
 
 
そうではなく、勉強という行為を
愛でてもらえるように、お化粧させたり、
オシャレさせたり、そしてもちろん
その魅力を最大限アピールさせたりする。
 
 
自分の仕事は
芸能プロのマネージャーみたいなもんか。
なんて、書いてて思いました。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です