5.14のヤマグチさんへ

5.14のヤマグチさんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
Foley Artist ” について。

 

「ただ動きに合わせて音を出すだけでは
 まったく映像にハマらないのです……。
 
 キャラクターの心情や
 俳優の演技の意図を汲み取ったうえで、
 自分の動きをシンクロさせないと
 音と映像がうまく馴染んでくれません。
 
 “ Artist ”と呼ばれる所以が
 ここにあるのかもしれませんね。」
 (以上、ヤマグチさんのコラムから引用)
 
 
まさにこれ!
勉強で成否を分けるのもこの部分です。
 
 
巷には「勉強法」が溢れかえり、
どれが正解で、どれが間違いか、
というところに目がいきがちだけれど、
そもそも、正解も間違いも
ないと思っています。
 
 
その方法を自分に
シンクロさせられるかが問題で。
所属している部活動や集中力の持続、
得意不得意をはじめ、
家族構成や、家から学校の距離など。
バックグラウンドはみんな違うわけで。
教えられたことをそのままやっても
どこかチグハグになってしまいます。
 
 
あくまでも講師や本が伝える方法は
「きっかけ」であり、主体は自分である。
という姿勢を忘れちゃいけません。
 
 
それにしても、
コンマ何秒の世界で音を作り、
合わせていくなんて…。
まさにアート。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です