お墓参り。ー 福井裕子

 

さいきん、お墓参りが好きになってきた。
と言いつつ、年に1~2回程度
行っているくらいだから、
あまり行けていないのですが。

 

ここ数年は、だいたい祖母の命日が近い
春のお彼岸あたりは
必ず行くようになってきている。

 

何が好きかって、
母親が作ってくる手作りのおはぎを
食べれるのが嬉しい。

 

あと、花が咲き始める季節なのも良い。
墓参りついでに外でお弁当を食べられる
気候になってきているのもいい。
気分が良いもんだから、
墓そうじもなんだか、楽しい。

 

掃除をしたあとは、
お墓まわりの空気も澄んできて、
じじばばのご満悦な顔も浮かんでくる。。

 

高価な墓石にはあまり興味はないけれど、
お墓という存在があることは
とても良い文化だな、と思う。

 

その場所へ行き、
故人を思う時間が生まれることが、
なんだかやさしい。
周りの環境と故人と
今を生きてるひとたちが、
関係してくることが良い。

 

海辺の小さな集落のお墓は、
みんな海を向いていたなあ。
東欧のどこかの地域のお墓には、
故人の生前の生活の様子を
かわいらしい彫刻の絵で
表現されているらしい。
メキシコのカラフルな墓地も気になります。

 

 

 

「yukofukui photograph blog」

 


▼アンサーfromながい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です