山P勉強法


ジャニーズには全く詳しくないのですが、
山Pの英語習得法が素晴らしいと
ビジネス界でも話題になっているので
ちょっと言及いたします。

 

山Pによりますと、

・勉強しなきゃいけない環境
・積極的に話しかけられる環境

こういうのを意識してつくり出すことが、
上達への最短距離だとか。

 

具体的には、

・仕事から帰ってくると疲れているので
テキストを開くのも嫌になる。
そこで、机の上にテキストを開いてから
仕事に行く。これでハードルが下がる。

・実感がわかないテキストの文言は
なかなか覚えられない。
そこで、友人に 何を伝えたいかを考え、
話しかける。

・とにかく楽しむ。

だそうですよ。

 

これは受験勉強でも
大事なことだと思います。
みなさん、参考にすべき。

しかし、山Pすげぇな!

 

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2018年05月28日 | Posted in clue zemi, zemi column | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です