現代文の勉強法 (大学受験向け)

find pleasure in

learning

人間はどんなところでも学ぶことができる。
知りたいという心さえあれば。by ユーリー先生


問題文に出てくる
語句の意味がわからない。
と、悩む人が多くいます。

 

多く、というかほとんどの受験生ですね。

 

模試でめった打ちにされた
真面目な受験生は
すぐ本屋さんに駆け込み、
重要語句が収録された
単語帳を買い求めて
「1日10ページ,一ヶ月で全部暗記だ!」
と意気込むわけです。

 

しかし、語学系の勉強において
暗記という行為が
費用(時間・労力)対効果に
長けているとは思えません。

 

英単語もそうですが、
語句は有機的なつながりの中に
あるものであり、
それをブツッと切り離して
覚えたとしても、
いざ長文の中に
組み込まれたときに
どういう役割をするか
というところまでは習得できません。

 

そもそも覚えること自体が辛い。

 

かといって
単語帳が不要かというと
そうではなく、
受験をする上で
覚えなければいけない範囲を
明確にできるので、
必ず傍において
いつでも参照できる環境にしましょう。

 

最近は大学受験参考書の
アプリも多く出ているので、
単語帳を何個も持つのは重い・・・
という人はスマホを活用するのもいいと思います。

 

長くなりましたので、
次回に具体的な勉強方法の説明を。 

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2015年11月06日 | Posted in clue代表 永井雄太郎, clue zemi, zemi column | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です