今日のつぶやき

子どもには理論より、
とにかくがむしゃらに
やらせたほうが効果的だと思います。

 

新しいゲームを
買ってきたって
誰も説明書なんか見ないし。
没頭してるうちになんかできてるし。
それと同じじゃないでしょうか。

 

そうなると、
「計画」なんてのは無意味。
というか有害ですらあるのでは?
計画しちゃったら
もちろん没頭はできません。

 

仮に計画的に
ドリルをこなしたとしても、
表面をなぞるだけで
なにもわかってない、
というパターンが多い。

 

大人は計画、
計画というけれど、
そんなことより学ぶ楽しさを教えるべき。

 

漢字が楽しくなって、
一年分のドリルを
一週間で終わらせた子が
学校の先生から注意される。
なんじゃそりゃ、と。

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2015年11月01日 | Posted in clue代表 永井雄太郎, clue zemi, zemi column | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です