なんで母ちゃんは怒るのか。

そういうことね!

政治経済

生きていくうえで欠かせない政治経済の知識。
わかーりやすく書いてみました。


今回は「機会費用」のお話。

 

父ちゃんがなにやらホクホク顔で
会社から帰ってきた。
右手にはプラモデル屋の紙袋。
激レアなブツを発見したらしい。
父はプラモデルオタクなのだ。

 

それを発見した母。
ホクホクな父に、母も嬉しそう。
「いいもの見つけたのね。みせてみせて!」
「うむ!これは〇〇社で出していた、
19△△年限定のレア物で・・・」

 

ふと母の顔をみると、
さっきまで仏様のようだった表情が
若干、鬼のように・・・。
彼女の目の先にはプライスシール。
「何割引だったの?」
「え?」
「これ、何割引だったの?」
「いや、セールはしてなくて・・・」
「私、新しい服欲しいって言ったわよね」
「え?え?」
「返してきなさい」
「え?」
「カエシテキナサイ」
とんでもない殺気を放つ母。
慌てて店に猛ダッシュする父なのでした。

おしまい。

 

さて、このとき
彼女はなにに
怒ったのかというと、
プラモデル自体ではなく、
父がプラモデルを
買ったことにより、
家計が圧迫され、
自分の服を買う余裕がなくなったこと。

 

あっちをやれば、
こっちができない問題を、
トレードオフ」と
言いましたが、
機会費用」とは
トレードオフの関係において、
ある選択をしたときに、
選ばなかったほうから得られたであろう価値や満足のこと

 

家計を握る母の満足は
プラモデル < 自分の服
なのでこの選択に怒り狂うわけです。
機会費用がでかすぎるから。

 

父にとっては、
鬼と化した母は
プラモデルで得られる満足より
ずっと機会費用が大きいので、返品しにダッシュ。
というわけです。

 

書きながら思ったのですが、
女の人が怒る原因って、
だいたいが機会費用に絡むことな気がします。
あー恐い。

 

以上、「機会費用」のお話でした。

 

賢い読者の皆さんは
「父ちゃんは自分の小遣いで買ったのでは?」
と思ったことでしょう。
母ちゃん関係なくない?と。
しかしながら、
多くの女性はこう考えています。

 

「そんな小遣いがあるなら、私に服を買うべき」
いつのまにか、
彼女の問題になってるわけですね。
俺のものは俺のもの。
おまえのものも、俺のもの。
まさにジャイアニズム。
これは経済学で説明できるのか。

あー恐い、恐い。

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2017年08月17日 | Posted in clue代表 永井雄太郎, clue zemi, zemi column | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です