どうしたらいい現代文

勉強のすとらてじ

意識はそこまで高くないけど、結果は残したい。
そんなワガママなみなさんへおくる
ホンモノの勉強術 by  clue zemi


現代文って、
どう勉強いいかわからない人が多いみたい。

 

日本語だから、テストになれば
いくらかは取れるだろう、
と甘〜い考えを持つ人もいるし、
ひたすら問題集を
解いて解いて解いて、
さっぱり点数の上がらない、
いや、むしろ下がってるんじゃない?
って人もいます。

 

前者の人には、
まわりも日本人だからね
ということをお伝えしたいし、
(テストは相対評価)

後者の人には、
問題だけを解いていてもどうにもならんよ
と言いたい。

 

とにかく
問題をこなす!って方法は、
教科によっては有効かもれない。
でも、現代文にはオススメしません。

 

現代文が苦手な人は、
「問題を解く」ということを
意識しすぎなのではないかと、私は考えています。

 

数学とかは問題が短いので、
解き方を検討する作業と、
全体を把握する作業が同時進行でできる。

 

これを現代文で
やろうとしても無理。
長文なので、
目が行ったり来たりして
考えるどころではありません。

 

では、解き方を
マスターしよう、と、
ひたすら「問い」ベースで
問題にアプローチ。
そのあと一生懸命に解答を読んでも、
残念ながら受験には役に立たない

 

なんでかというと、
その問題には2度と遭遇しないから。
(ゼロとは言わないけどね)

 

現代文には、
「どんな文にも通用する方法」
ってのはないと思います。
だから、
問題を解きまくっても
得るものはない。

 

んじゃ、どうすんのよ。
というお話。

続きます。

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2017年08月23日 | Posted in clue代表 永井雄太郎, clue zemi, zemi column | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です