情報はしぼる

勉強のすとらてじ

意識はそこまで高くないけど、結果は残したい。
そんなワガママなみなさんへおくる
ホンモノの勉強術 by  clue zemi


中学生の定期テストが終わりました。

 

直前講座を担当したのですが、
慌てて教科書の1ページ目から
やろうとする人がいるわ、いるわ。

 

それではダメです。

 

テスト一週間前からは
情報を「削る」作業に
徹っさないといけません。

 

何言ってんだ!
そっからラストスパートだろ!
という声が聞こえてきますが、ダメです。

 

そこから知識を増やしても
頭の中がゴチャゴチャになって
回転しなくなるだけ。
テスト当日には
頭を空っぽにしていくのが正解です。

 

10分休憩のとき、
必死に教科書を
読んでいるやつを見かけたら、
「あ、あいつ終わったな」
と、ニヤニヤしてみてればよいのです。

 

ゆーっくり深呼吸して
テスト用紙をめくれば、
あとは鉛筆が、勝手に動いてくれます。

 

さて、問題は
その状況をどうやって作り出すか。

 

「勉強なんかチンタラやってらんねーよ」
と「あれもしたい、これもしたい」という
忙しい皆さん向けの技です。

 

まずは社会編。

 

<第一段階>
学校の授業中に重要語句、説明にマーカーをひく。
板書されているところは特に。
提出の必要がないなら、ノートは取らず、
教科書にコメントなどを書き込んでもOK

 

<第二段階>
学校のワークを解く。
教科書をみながらワークに直接書き込み
ワークで出てきたけど、
教科書で線をひいていなかったところに線を引く
これで教科書は完璧な一冊に。

 

<第三段階>
マーカーをひいた語句などを、
ノートにバーっと書く
次に、関連のある単語を線で結ぶ。で、清書する。
あっさり紙2,3枚でおさまる。
これだけかよ」と。

 

<第四段階>
それをみながらワークを解く
ワークは記入済みなので、
手かなんかで隠しながら。
いちいち答えの冊子を見るのは
とてもストレスなので、最初に記入しちゃう。

 

<第五段階>
ワークを解いていて、
「ラクショー」なところは、
まとめたノートの該当部分にバツをつける。
あとはバツの個数が増えるようにがんばる。

 

<当日>
この紙っぺらだけをもって学校へ行く
第一、第二段階は学校でやることなので、余計な手間はない。

 

テスト一週間前までに
第三段階までいって、
テストが近づくにつれて、
やるべきことが激減していくイメージ。

どうでしょうか?
とても効率的なやり方だと思います。

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2017年09月13日 | Posted in clue代表 永井雄太郎, clue zemi, zemi column | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です