Shade of 80’s

音楽とコーヒーの関係

おいしいコーヒーにはいい音楽が欠かせない。


Shade of 80’s / DJ KEN-BO

 

 

日本のHIP HOP黎明期から
シーンを支え続けている
DJ KEN-BO先生による80’MIX。

KEN-BOさんは
なんとその昔、ZOO(EXILEの前進)の
サポートDJをやってたとか。

確かにあの時代は
今では考えられないほど
グジャグジャしてたなぁ。

(いい意味で)

HIP HOP?DJ?

ダボダボの服着て
チェケラッチョ!とか言ってる人でしょ。

全然興味ないわ・・・
という方も多いかと思いますが…

DJには古今東西からナイスな曲を発掘し、
みなさまにお伝えする、という使命がありまして。

うまーく使っていただけると、
みなさまの生活が豊かになるんじゃなかろうか。

なんて、謙虚な姿勢で
臨んでいる人間たちでございます。

今回ご紹介する一枚なんかもまさにそれで、
sadeを中心に80年代のナイスな曲が満載。

心地いいですよ。
(sadeが嫌いな人に会ったことがない)

するめcafeでも
かなりの頻度でかかっております。

音楽好きの方は気づかれたと思いますが、
このジャケは、

DNALD FAGENの名作からきてるのです。

 

 

先日、来日がキャンセルになり、
横浜でのBLUE NOTE FESが
フェスごと中止になるという伝説を
つくった方でございます。

こちらのアルバムも最高。

というわけで、両盤とも
一家に一枚いかがでしょうか。 

 

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です