ぐうたら男と世界経済

 

 

 

経済学の基本のキ「希少性」のお話。

 

希少性とは何かって言うと、

ものには限りがある

ということ。

 

 

とある男の話。

 

腹が減ったが家には何もない。

でも今、男はテレビをみている。

スーパーに行くべきか。

 

 

時間は有限

TVをみるのと買い物を

同時にこなすことは不可能だ。…①

 

 

この男は空腹を満たせれば良いので、

別な一手を考える。

宅配ピザ。

これならTVをみれるぞ。

 

 

ただ、宅配ピザは少々高い。

彼の昼飯予算は300円。

宅配ピザは1200円。

差額900円だ。

 

 

彼の財布の中ももちろん有限で、

いま、1500円しかない。

オーダーできないこともないが、

今夜、カラオケに行く約束があった。

予算は1000円。

これでは行けなくなる。

 

 

うーん…と悩んだ末、

彼はピザ屋さんに電話し、

友人に断りのLineをいれた…②

 

 

当然、友人からは

「ふざけんな!」

というLineがきたが、既読スルー。

 

 

横たわってピザをつまみ

TVをみる、至福顔のぐうたら男。

 

おしまい。

 

 

 

あっちをやれば、

こっちができない問題には

誰もが直面する。

幼児でも大人でも。

毎日、というか毎分、毎秒。

 

 

 

この問題のことを経済用語で

トレードオフ」という。

 

 

①では時間の制約、

②ではお金の制約にこの男は悩む。

 

 

何に悩んでいるかというと、

最も満足のいく選択はなんなのか

ということ。

これを経済用語で、

効用の最大化」という。

 

 

彼にとっての「効用の最大化」は

家でぐうたらすることだったわけです。

友達に「ドタキャンかよ!」

とキレられるよりも。

 

 

話をまとめると、

 

モノゴトには希少性があり、

それはそれぞれトレードオフの関係で、

人々は効用の最大化を目指して選択する。

 

ということ。

 

「希少性」があるから

経済が存在するので、

逆に考えると、「打ち出の小づち」

なんか存在しちゃったら、

「希少性」がなくなり、

経済そのものが消滅するわけです。

 

 

経済の基本のき、

「希少性」のお話でした。

 

 

このぐうたら男も、

りっぱに日本、いや世界経済の

一端を担ってるわけですよ。

 

 

 

 

 

 


2017年08月14日 | Posted in clue zemi, そういうことね!政治経済 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です