古文の勉強法(大学受験向け)3

find pleasure in

learning

人間はどんなところでも学ぶことができる。

知りたいという心さえあれば。by ユーリー先生


前回の続きです。

助動詞の活用表を横に覚えたら、次はたてです。

未然・連用・終止・連体・已然・命令の順に活用を覚えていきましょう。

これもまた、理屈ではなく「叫ぶ」のみです。

九九と違って、なんでこんな活用になるのか・・・と考えてもしょうがないので、

とにかく体に叩き込みましょう。

途中、活用のない部分がありますが、そこも含めて必ず覚えること。

過去の助動詞「き」であれば、せ!マル!き!し!しか!マル!

こう叫ぶことで、連用・命令が存在しないことがわかります。

活用表をスラスラ言えるかが古文の得点、スピードの肝になります。

続きはまた次回。

written by Nagai


2015年10月23日 | Posted in clue zemi, zemi column | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です