古文の勉強法(大学受験向け)4

find pleasure in

learning

人間はどんなところでも学ぶことができる。

知りたいという心さえあれば。by ユーリー先生


前回の続きです。

助動詞の活用表を縦横自在に扱えるようにしなければならない、という話をしました。

なぜそんな必要があるのか。

国語はどうしても数学とは対極の「感覚的な教科」として認識されがちですが、古文漢文の問題は論理的に解くことができます。

(現代文もそうですが、ややっこしくなるのでとりあえず)

論理的に正解を導くための道具として、助動詞の活用表を頭に叩き込む必要があるわけです。

まさに、化学の周期表と一緒。

では具体例を挙げてみます。

① 京にはみえぬ鳥なれば

② かの浦見にまかりぬ。

「ぬ」は打消の助動詞「ず」の連体形、完了の助動詞「ぬ」の終止形があり、これを判別する問題が頻繁にでてきます。

なんとなく文脈で・・・とやってはいけません。

①の「ぬ」は後ろが体言であることから「連体形」であることがわかります。活用表を思い出すと、打消の場合は連体形、完了の場合は終止形のときに「ぬ」が登場するので、これは打消だとわかります。

②も同様に、後ろが。であるので、この「ぬ」は終止形ですね。

ということで完了だとわかるわけです。

以上が助動詞の「後ろ」をみて判断する方法。

もう一つ、助動詞の「前」をみて判断する方法もあります。

②は「まかる」という四段活用の動詞の連用形。

ここでまた活用表を思い出すと、打消は動詞の未然形にくっつき、完了は連用形にくっつきます。

「まかり」は連用形なので、この「ぬ」は完了の助動詞だとわかります。

一方、①の動詞「見ゆ」は下二段活用なので未然形と連用形が一緒。

そのためこの方法では判別できません。

(この判断ができることも大事)

という感じで、二つの方向から助動詞の判別ができ、論理的な方法なので100%正答できます。

が、活用表を覚えていないとできない方法なので頑張りましょう。

written by Y.Nagai


2015年10月30日 | Posted in clue zemi, zemi column | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です