縄文時代へ【宮城県東松島市】

夏休みでも

空いている場所を探すのが好きです。

 

去年発見した、

奥松島縄文村歴史資料館

 

ここで上映される

15分間ぐらいの映画が忘れられず、

今年も行ってきました。

 

 

 

お盆期間中に行きましたが、

今年も先客は一組だけ。

まーったりした空気が流れています。

 

入館するとさっそく映画スタート。

 

やっぱり泣いてしまう。

 

ここで発掘された、青年の骨。

彼の人生を妄想してみよう、

という話なのですが、

ストーリーも、映像もナイスで

感情移入してしまいます。

 

上映後は真っ赤な目で展示物コーナーへ。

決して、品数は多くないのですが、

これらを彼が使って生きていたんだ…

と考えると、

またしても胸にグッとくるものが。

 

 

外にはたて穴式住居があって、

これまた彼の生活を思い、

目頭が熱くなります。

 

 

(去年は入れたような気がする)

 

 

帰る前にお手洗い。

トイレマークも素敵なのです。

 

 

 

 

雨が降っていたので断念しましたが、

この辺一帯では貝塚とか生活の跡が

見られるようですよ。

 

近くに足湯を発見したので、

安心して歩きまわれそうです。

 

 

 

 

 

以上、夏休みのレポートでした。

 
 

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です