英語のコツ2

clue zemi

難しそうにみえることも、意外とシンプル。

本質をつかむ、もののミカタを伝えます。


英語のコツ(大学受験編)

 

前回の続き、動詞についてのお話です。

 

英語の文型は5つに区別される、というのを学校で習ったと思います。

 

sv

svc

svo

svoo

svoc

 

はじめてこれを習ったとき、そして受験勉強がある程度進んだ人でも、

 

「だからなに?」

「なんか意味あんの、これ」

 

と思っている人が多い。

 

確かに、文法書では他の文法事項と並列に扱われているし、

これ自体を問う文法問題は少ない。

だからあまり重要視されないのだけれど、私は、

 

「単語を覚えるよりも、まず5文型をマスターするための練習を半年ぐらいドップリやるべきだ」

 

と思っています。

 

 

5文型は英文の骨格で、この骨のもとにそれぞれの肉(単語)がくっついているというイメージ。

だからまず骨をしっかり作るのが最優先ですね。

肉だけ作っても、引っかかるところがなくてボタボタ落ちてくるだけ・・・。

(なんだか気持ち悪い話になってしまってすみません)

 

どーんなに長く複雑な英文でも、全てこの5文型のどれかなんです。

で、この5文型の司令塔が「動詞」。

 

次回も「動詞」がいかに大事かという話が続きます。

 

Y.Nagai


2016年09月02日 | Posted in clue zemi, zemi column | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です