「考える」ことを大切に

clue zemi

難しそうにみえることも、意外とシンプル。
本質をつかむ、もののミカタを伝えます。


最近は現場に立つことも
少なくなってしまいましたが、
そのぶん、
ひとつひとつの授業で
気づかされることが多くあります。

 

昨日担当した小学生の授業。
図形の問題の
丸付けをしようと解答を見てみると・・・
「なにいってるかわからん」
問題集に載っている解法が全く理解不能。
こういうこと、最近多いです。

 

もちろん解けないわけではない
(解けなかったら困る)ので、
ポイッと解答を投げ捨て
黒板にカリカリ書くのですが、
授業後、じっくり考えてみることに。

 

そこで気づいたことは、
「説明が丁寧すぎ」であること。
丁寧で何が悪い!
と言われそうですが、
丁寧であればあるほど本質を見失いがち。
ズラッと計算式を並べ、
レールに沿ってにやってけば
「ほら解けたでしょ」では、ただの作業。
なぜそういう手順をとるのか。
という理解なくして、本質は掴めません。

 

この勉強法では
ちょっと視点の違う問題がでると
もうお手上げです。
そこをカバーするために
また別の問題を解く。
そんなことをしているうちに、
元の問題の解法を忘れる。
またやる・・・。
これは完全に物量作戦に陥ります。
寝る間を惜しんで勉強するしかないと。

 

最近、この手段をとり、
朝から晩まで「繰り返しだ!」と
生徒のお尻を叩く教育機関が急増し
どういうわけかそれをよしとする風潮がありますが、
もっと「考える」ことを大切にしましょう。
と声を大にして言いたい。

 

物量作戦を
押し付けるということは、
「お前たちは考えても無駄だから、
とにかく繰り返せ」
というメッセージであると思っています。

 

それは子どもに対して
あまりにも失礼すぎるし、見くびりすぎ。
子どもはつっつけば
つっつくほど面白い考えが
ワンサカ出てきますし、吸収もはやいんですよ。

と、長くなってきたのでまた後で。 

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2016年06月22日 | Posted in clue zemi, zemi column | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です