clue zemi

宿題は嫌いです。

 

今では宿題を「出す」立場にありますが、

小中高を通じて「未提出常習犯」としてマークされておりました。

 

なんか嫌なんですよね。

あの「やらされてる」感が。

 

で、なんであんなに嫌悪感抜群なのかと考えますと、

なにもしてないのに突然降ってくる「債務」みたいなもんだな、と。

 

嫌な顔をすると先生に「これをやらないと将来困るのはお前だ」と脅され、

It’s not your business.  (あんたにはカンケーないだろ)

と内心思い(これを口に出してひどく怒られた記憶が何度もあります・・・)、

提出しないと「お前は約束を守れないダメ人間だ」的なお叱りを受ける。

 

 

でも、ちょっと待てよ。

あんたと約束したっけか?

義務だけ押し付けて終わりか?

 

 

義務だけを押し付けられるのはなんかおかしいぞ。

ちゃんとやるからなんか楽しいコトちょうだいよ。

じゃなきゃやんねーぞ。

 

 

 

自分の経験も踏まえて、子どもたちのこんな感覚がわかるので、

「これを5分以内に終わらせたら、チョコレートを一粒あげよう」

なんていうと、さっきまで「こんなの絶対無理」と言ってた人が猛烈なスピードで解き始めます。

ほらやっぱりYDK(やればできる子)じゃん。

 

 

だから宿題も何かで釣った方がいいと思うのですよ。

今終わらせたらゲームを存分にやっていい、とか。

 

けしからん!と言われそうですが、

世の中はそういうふうにまわっています。

大人だって美味しいものを食べたいからシャカリキに仕事をしてるじゃないですか。

子どもだって同じです。

 

 

で、生徒の皆さんがこれを読んでるのなら、交換条件を持ちかけましょう。

そして承諾されたら絶対に約束を守ることです。

 

 

義務と権利は表裏一体。

これは民主主義の本質ですからね。

「おかしい!」「嫌だ!」

と声をあげた皆さんは次代の民主主義を守る素質があるんじゃないかと。

 

本気でそう思ってますよ、私は。

 

 

逆に、文句も言わず「先生の指示だから」となんの疑いもなくやる人の方が私は心配です。

もっともclue zemiにそういう人は居そうにもありませんが・・・。

 

Y.Nagai

 

 

 

 


2017年02月24日 | Posted in clue zemi, zemi column | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です