From the Teacher’s Office 08

TOPICS

夏休み、皆さんはどのように過ごしていますか。
勉強のためには、趣味や遊びも大事。趣味や行動の広さは、知識の広さにつながります。知識が増えれば、勉強も身に付きやすくなります。
最も意味がないのは、何もしないこと。
やりたいことをやり、やらなければならないこともやる。よく遊び、よく学べの心です。
私も子供たちとキャンプに行ってきます!

recommendation

『地図帳』(書籍)

〈おすすめポイント〉
学校で使っている地図帳、ポケットサイズの地図帳、自分が使いやすい地図帳なら何でもいいです。
私がいつも使っているのは、中学校社会科地図(帝国書院)。地理で開き、歴史で開き、英語でも開く。
自宅で子供たちがテレビを見ているときも、国や都市、島、川などが出てきたら、地図帳を開いて見せる。
いつでも手に取れるところに地図帳があると便利です。

Tipsonstudying

< イメージする力 >
勉強の世界では、集中力や継続力、辛抱強さなどの精神性が重視されます。
要は、努力しなさいということ。
もちろん努力は必要ですが、それだけではどこかで伸び悩んでしまいます。
私がお勧めするのは、イメージする力や勘の良さ、そして遊び心を磨くこと。
例えば、算数や数学の文章題。必死に問題を読んでも何をしていいかわからないという人も多いです。
文章題には、具体的な物事が書かれています。その具体的な物事を自由にイメージできれば、問題は分かりやすくなり、無機質な計算よりもずっと興味深いものになります。
イメージする力が上がれば、文章題を解くスピードも上がります。
イメージする力を磨くために必要なのは、日頃から妄想することや、絵をかくこと。例えば,文章題を解くときに、絵をかいてみる。どんな絵でもいいです。間違っていてもいいです。上手じゃなくてもいいです。何かかいてみないと始まりません。


written by Ogasawara


2015年08月26日 | Posted in clue zemi | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です