つながるふしぎ ー 福井裕子


10/5~11/4
まで写真展をしていました。

 

場所は、鎌倉 江ノ電沿いの稲村ガ崎駅から
徒歩10分ほどのところにある、
カフェ&ギャラリー INAMORI

 

森の入り口にあるこのお店とギャラリーは、
建築家の方が設計されているということで、
なんともカッコ良く、陽の光の入り方、
壁の色や質感が非常に好みな空間だったので
展示のお話をいただいてすぐに、
やります ! とお返事したのでした。


ご縁とは、ほんとに不思議なもので。

私は、瀬戸内海に浮かぶ、とある島が
大好きなのですが、
同じように、
こちらのINAMORIのオーナー夫妻も
瀬戸内海のある島
(また別の島)が好きでした。

 

お店の空間のイメージは、
その島にある建物に魅せられたところから
生まれたようです。

 

ここに来るお客様のなかには、
この建物を見に来られている方もいて、
そのなかの幾人かも
瀬戸内の島の建築物が好きでした。

 

全く違う場所で、
共通の”好き”があつまる空間。
そして、私が好きな島に、
それはもう大好きな島に、
素晴らしすぎる美術館を作られた
建築家の方も、
偶然にも展示期間中に
このお店の見学に来られていて、
ついつい一緒に記念写真を
撮ってしまったのでした。

 

けっこう興奮してしまったなあ。
日々を過ごしていくなかで、
出会ったり感じたり、大事にしていたことが
また別の場所でも出会って、広がって、
新しいことが始まるときがあります。
それは、ほんとうに、たまたまで、
偶然的な出来事で。

点と点がつながるとき。

それは、自分にとって、
けっこうなほどに、
大切な喜びだったりもします。

 

 


「yukofukui photograph blog」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です