ときめきのアイドルたち ー 浅野知子

 

アタイは流しの仲居。

 

前回の北陸の板さんと同様に、
行く先々で出会ったときめきの数々。
恋とはまた違う、言わば超個人的な
アタイのアイドルたち。

 

「あら~なんでも食っちまうよ」

と、館内の池に朝食の残りを放り投げ、
卵焼や鮭の切身に食いつく鯉に
感心していたヨシコ姐さん(仮名)。

 

わからない料理名を確認すると

「え?魚でしょ」

見ればわかる。せめて魚の名前を…

「『白身魚です』って言いなさい」

と雑な指示をくれたヨウコ姐さん(仮名)。

 

下の名前の漢字を尋ねると、
ゆっくりと振り返りながら

「うかんむりにナームー」

と手を合わせ、日本舞踊の様な仕草で
答えてくれた宏子姐さん。

 

「いい男がいるよ」

と70歳超え男子をおすすめしときながら、

「でも彼、意地汚いから…ウケケ」

と即否定し、もの凄く悪い顔をして
笑っていたキミ姐さん(仮名)。

 

少女漫画に例えれば

「…ドキン…(花の背景をバックに)」

と恋に落ちる瞬間です。
手の届かない面白さは憧れであり、
その味わい深さに信仰と尊敬に近い感情も。
なるほど、アイドルにハマる感覚とは
コレかも知れないと。

 

「キャ~!かっこいい~!」ではなく
「キャ~!おもしろ~い!」に
ときめく性分だと気付きました。

 

とは言え同じ仕事をしている立場から、
ジャニーズでいえば
私はさながらジャニーズJr。
いつか私も…いいえ、
ずっとファンの立場でありますように。
アタイは流しの仲居であり、
追っかけなのさ…。

 

 


2017年11月04日 | Posted in 余談Lab, 2足のわらじーズ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です