わらじ履き通勤 – 大場 綾

 

 

8月に入ってから
雨の降らない日がなかった。
例年より涼しい東京の平日。

 

会社員の私は朝に家を出て、
電車か自転車か徒歩で職場に向かう。

 

電車20分、自転車15分、
徒歩なら45分。

 

電車はラッシュのピーク後なので
きょろきょろする余裕がある。

 

ある朝、
斜め前に和服姿の女性が立っていた。
うなじに大きなほくろが一つ。
ふと目を転じて、
正三角形に並んだほくろを
別の女性のうなじに発見した。
さらに隣の女性のほくろは
ひとまわり大きい正三角形。
星座のようだ。
朝の黒い星々。
よく見て頭に刻み込み、
昼休みに急いでスケッチする。

 

自転車のときは住宅街の道を走る。
朝はもれなく遅刻との戦いだから
一心に漕ぐ。
シャワーで濡れた髪のまま出ても
会社に着く頃にはすっかり乾いている
(止まると一気に汗が噴き出すけれど)。

 

帰りはのんびり。
夕暮れの風が涼しいけれど、
ムワッとする熱気のかたまりに
ときどき突っ込んで驚く。
風の通り道の関係だろうか。

 

徒歩通勤は夏場は地獄。
でも情報量がいちばん大きいのも徒歩。
考え事もはかどるし、
気になるものを見たら引き返して
写真を撮るのも自在(もちろん帰り道)。

 

向かいから走ってくる
スクーターのおじさんの
真っ赤なジャンパーの胸元が
バックミラーの反射で
丸く白くくりぬかれている。
これも覚えておいてスケッチする。

 

毎日そうやって得た微小な刺激が、
アーティストの私の栄養や
作品そのものになっていく。

 

なのに去年の7月から
半年ほどはポケモンGOによって
その刺激のすべてが塗りつぶされた。

 

危なかった。

 

月の使用量も超えて
速度制限が課されるようになり、
ようやく我に返った。
でも続けている。
Wi−fiスポットを求めて細々と。
ウソッキーが好き。

 

 

大場 綾ブログ
web*chan*

 

2017年08月23日 | Posted in 余談Lab, 2足のわらじーズ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です