オープンデザインについて ー 藤本直紀

 

KULUSKAでは、5年前から
「旅するデザイン」という

オープンデザインのプロジェクトを
進めています。

 

自分がつくったデザインの型紙を
インターネット上で公開して、

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス※1
で共有することで、

どのようなことが起こるだろうか?

 

世界中にあるFABLAB※2という
ものづくりのコミュニティとの出会いから、

最初はデータだけが旅をしていたのですが、
その地域の素材で、
みんなと一緒にものづくりする場を持ちたい
という思いから
「旅するデザイン」プロジェクトが
始まりました。

 

今では、国内外を問わずさまざまな場所で、
ワークショップを開催しています。

 

その場所や素材、
そして作る人の思いによって
デザインがどんどん変化していく様子は、

とても面白いです。

 

これからも楽しみながらみなさんと一緒に
進めていきたいと思っています。

興味のある方はこちらの動画をどうぞ
https://vimeo.com/119662693

 

※1クリエイティブ・コモンズ・ライセンス:
作品を公開する作者が、この条件を守れば
私の作品を自由に使って構いません。
という意思表示をするためのツール。

詳しく知りたい方はこちら
→ ecommons.jp/

※2FABLAB(ファブラボ):
世界50ヶ国、600カ所以上に広がる、
3Dプリンターやレーザーカッターなどの
工作機械を備えた
ものづくり施設のコミュニティ。

 

「KULUSKA」Web

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です