トラブル トラベル ④

前回の続きです。

またしても電車に乗り込みます。

の前に、
一ノ関駅でおみやげ屋さんを
のぞいたのです。

そしたら、こんなものを発見。

 

ずいぶん攻めたことしますね。

この電車はけっこう混んでいて、
本を読むことが難しかったので
ぼーっと外を眺めていました。

一関から離れると
だんだん家が少なくなってきます。

ここに住んでいる人が
欲しいものはなんだろう。

自分がここに住んだら
何が欲しいだろう。

ここで事業をやるとすれば
何ができるだろう。

なーんてことを
シミュレーションしていると、
思いのほか、考えがまとまり・・・。

考えごとは乗り物に限ります。

そうこうしているうちに、
紫波を通過。

ここには「おがーる」という
面白い施設があって
大好きな場所。

降りようかと思いましたが、
本格的に帰れなくなりそうなので我慢。

盛岡駅で「さわや書店」を堪能し、
冷麺を食べ、コーヒーを飲み、
(これが私なりの贅沢 in 盛岡)

新幹線で帰宅。

仙台まで40分足らず。

私の半日はなんだったのか、
という若干のむなしさがあったことは
いうまでもありません。

新幹線ってすごいですね。
長くなりましたが、
そんな日曜日でした。

ちゃんちゃん。

 
 

writer profile

clue永井雄太郎

clue代表 永井 雄太郎

1980年生まれ。
仙台一高~早稲田大学政治経済学部

遊び呆けた高校卒業時の偏差値は30。「君がいける大学はない」と担任から通告されるも、偏差値を70まであげて合格。勉強は頭の良し悪しや量じゃなく、やり方のモンダイなのですよ。と、自分の経験とやり方を伝えるべくclue zemiを設立。また、勉強と生活との接点を表現するため、パン屋併設カフェ『するめcafe』や、webマガジン『余談Lab』などを運営中。

お問合せはこちら

 

 


2017年07月04日 | Posted in 余談Lab, ザ・余談, 宮城・東北のお気に入り | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です