フィールド・レコーディング ー ヤマグチマコト

 

ジャンルを問わず、
デザインという仕事では
すべてをゼロから作るわけではなく、
素材集という市販品を加工して
使うことがあります。
もちろん音にもライブラリと呼ばれる
素材集があります。

 

ただし、
クオリティの高い有名なライブラリは
世界中で使われているので、
他社のゲームをプレイしていると

“あ、これ、あのライブラリの音かな?”

と、元ネタがわかってしまうことも。

 

使っていけないわけではないのですが、
モノ作りを生業にしている身としては
できることならオリジナルの素材で
勝負できたらいいな、とも思っています。

 

そこで録音機材を片手に出掛けて
素材を集める、
これを “ フィールド・レコーディング ”
といいます。

 

録音場所はさまざまで、
山の中や洞窟に行くこともあれば、
近所で虫や鳥の鳴き声を
狙うこともあります。

 

昨年末には東京湾に浮かぶ小島に渡り、
森の木々や波の音などを録音しました。

 

でも実はこういった
フィールド・レコーディングで
狙った素材が録音できる確率は低く、
大半はほかの音が混ざってしまい
純粋な素材として使えなかったりします。

 

「ここは静かだな」

と思って録音しても、
ヘッドフォン越しには
遠くの方で走っている車や
上空の飛行機の音などが
聞こえてくるのです。

 

ただこれは悪いことばかりではなく、
何気ない場所でもいろいろな音に
囲まれていることを再認識したり、
そのイメージを作る音に反映できたりと
音の実体験としては
貴重な機会になるのです。

 

何の変哲もない風景が
音によって
はっきりとした輪郭を現す……。

 

音の仕事をしていて、
大好きな瞬間の1つです。

 

それでもたまに思ったりします。

「今、このときだけは静かにしてくれ」

と……。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です