仕事は楽しんでいい!ー 亀田恭平

 

前回の記事の通り、
2年弱で1社目を退職しました。
転職先は、ナビタイムジャパンでした。

 

前職では、自分のサービスが
使われているところを見たことがなく、

自分が開発したものの反応が
見たいと思っていたので、

自社サービスということに
興味を持ちました。

 

社会人経験2年弱、
アプリについてもGPSについても
ほぼ知識ゼロだったので、

採用いただいたのは本当にラッキーでした。

 

実際に入社してみると、
今までと仕事中の景色がまるで違う。

みんな私服で出社しているし、
先輩たちがとても優しい––。

 

何だか居心地が良くて、  
毎日がむしゃらに仕事をこなしました。

 

その後、周りの仲間たちに支えられて、
リーダーや新規プロジェクトを任せられ、
色々な挑戦をしました。

 

当時の上司に、 

「こういうことをやりたいんです」

と相談すると、

「いいね。ぜひやってみて」

と必ず背中を押し、
いつもチャレンジを支えてくれました。

 

たくさんの自信と
経験を与えてくれた上司に、

今でもずっと感謝しています。

 

労働時間は前の会社よりも
多くなっていましたが、

全く苦ではありませんでした。

「仕事って楽しんでいいんだ」

初めてそう思えました。

 

4年ほど経った頃、
すでに自分の仕事観は変化していて、

仕事=生活をするために
耐えながら頑張るもの
ではなくなっていました。

「ナビゲーションサービスは
 生活に必要なツール。

 ニーズから考えるような
 サービスを作ってみたい」

そういう想いが芽生え、
新天地に向かうことにしました。

 

「ネイチャーエンジニア」 web

 


2017年10月13日 | Posted in 余談Lab, 2足のわらじーズ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です