心地のいい接客とは?ー 中村克子

 

心地いい接客とは何か。

 

青と夜ノ空」での話というより、
私がお客の立場で感じる接客の話です。

 

私の中で、心地いい接客だなと思う店が
2店舗あります。
どちらも器や日用雑貨などを
扱っている店で、接客が自然体です。

 

商品の説明をさりげなくきちんとしてくれ、
あとは付かず離れず、
放っておいてくれます。
店主が素敵な方で好印象
というのもあります。

 

接客にはその店の考え方があったり、
業種によってもだいぶ違います。
また、お客さん側の感じ方でも
違うかもしれません。

 

ちなみに私は、購入した商品を
出口まで店員さんが持っていき
渡してくれる、というのが苦手です。
レジから出口まで近い距離だし、
軽い荷物だけど・・と思ってしまいます。
逆に、これをとても丁寧な接客だと
感じる人もいるでしょう。

 

というわけで、接客は人と人のやり取りで、
難しいものだと感じます。

 

ちなみに当店は本屋なので、
積極的にこちらから
声をかけるということをしていません。

 

店に入った途端、
今日のおすすめの本はこれです!
と言われてもお客さんも
困るだろうなと思います。
でも意外と、こういう気合いの入った本屋も
受け入れられるかも !?

 


「青と夜ノ空」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です