暮らしの豊かさを教えてくれる本 ー 中村克子

〜『あしたも、こはるびより。』『ひでこさんのたからもの。』

(つばた英子、つばたしゅういち著、主婦と生活社)〜

 

以前、つばたさんご夫妻の
ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」を観ました。
一年を通して菜園生活を送る日々や、
チャーミングな二人の人柄などが
ていねいに描かれている映画です。

 

この2冊の本でも、
その暮らしぶりが紹介されています。
名古屋市近郊のニュータウンにある家には、
200坪のキッチンガーデンと
30坪の雑木林があります。
キッチンガーデンでは畑を耕し、
野菜や果物を栽培して収穫。
毎日の食事には収穫した食材を使い、
また身の回りで使うものは壊れても
修理して長く愛用しているそうです。

 

“不便で、手間ひまかかる暮らしが好き”
というつばた家。
それを無理するのではなく
自然体でやっている二人は憧れの人です。
便利さやスピードを優先することが多い
自分の生活を反省しつつ、
少しでも見習いたいと思います。

http://www.aotoyorunosora.com

 

2017年05月26日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です