楽しんでる? ー ヤマグチマコト

 

かれこれ10年くらい前になるでしょうか。

 

あるゲームに使用する
音楽のレコーディングのため
映画の本場、ハリウッドで
仕事をしたことがありました。

 

そのゲームは音楽にかなり力を入れていて
録音するスタジオ、
オーケストラの規模、
そして関わるスタッフすべてが超一流揃い。
今でも超大作映画のエンドロールで
目にするような人たちが集まる
ものすごい現場でした。

 

自分の場違い感は半端なく、
とはいえ、担当しているゲームなので
ソファーに座って作業の進行を
冷静に見守っている風を装っていました。

 

そんなとき、現場を仕切っていた
ひとりの女性がかけてくれた言葉が
冒頭の「楽しんでる?」でした。

 

ずっと憧れていた映画の本場で、
目の前でとてつもない音が鳴っていて
テンションは上がっていたけれど、
「楽しむ」なんて余裕は無く。

 

それから少しだけ冷静になって
現地スタッフの動きを観察してみると
確かに笑顔が多く、
誰もが楽しんでいる。

 

レコーディングの作業というのは
すべてがデリケート。
オーケストラは特に綿密な準備が必要で、
時間が限られている中でミスはできない。
そういった緊張感が
当たり前だと思っていた自分。

 

そのときに感じたのは、
本当のトップクラスのプロは
難しいことをとてもシンプルに進める、
ということ。
そこで生まれる余裕が
笑顔につながるのではないか、と。

 

もちろん、
その境地に達するまでに
幾多のハードルを
乗り越えてきているとは思うけど。
実はそのハードルすらも
笑顔で飛び越えてきているのではないかと。

 

あれから10年ほど。
自分は常に “楽しんで”
仕事をできているのか。
くやしいけど、自信がないなぁ…….。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です