生きてる奇跡 ー 板 香澄

桜と菜の花 。
毎年春になれば綺麗な花が咲く。
そんなのも奇跡的な気がして

 

日々、デイに通っていらっしゃる
高齢者と接していると、
健康な人がただ歩くとか
ご飯を食べるとか水を飲むとか、
そんな当たり前のようにしている事が
とても貴重な事なんだと感じます。

 

利用者の皆さんはリハビリに来ているので、
何処か体の具合のよろしくない方ばかり。
食事の制限の方も多くいらっしゃいます。

 

糖尿病の方は糖質やカロリーの制限。
腎臓病の方は塩分やタンパク質、
カリウム、水分等制限があり、
食べられるモノや量が厳しく制限されます。

 

カリウムは生野菜や
生の果物に含まれるので、
それらは火を通さなければ食べられません。
食べたいモノが思うように食べられない、
水だって50ccとか計られて、
これ以上はダメです、って言われる。

 

脳の疾患で麻痺した片方の足を
かばいながら歩くと、
もう片方の麻痺してない足に負担がかかり、
そちらが痛くなってしまうとか、
そんな事もよくある事。

 

人間の体は絶妙にバランスを取っていて、
それが病気や機能低下で
うまくバランスが取れなくなってしまうと
本当に大変なのです。

 

喉の筋力が低下すると
ゴクッと飲む事も難しく、
水分が肺に回って肺炎になってしまう。
高齢者にはよくある事です。

 

健康に食べたいモノが食べられて、
行きたい所に歩いて行ける、
そんな生活が出来ている事が
実は奇跡なんじゃない?ぐらい
私は思ってしまうんです。

 


「Kasumi Ita mobile」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です