着火する大根 ー 青羊(けもの)

 

はじめまして。
わたし、けものと言います。
本当です。

 

けものですから、くまの知り合いが
何人か(何匹か)いるわけです。
幸運なことに、まだ、ひっかかれたり
襲われたりしていません。

 

先日、くまさん、フリーライターの女性と
私の3人で夕飯を頂きました。
三軒茶屋駅から下北沢へ向かう通りの
商店街にあるお店です。

 

私たちは、お料理をいくつか注文しました。

 前菜
  マイワシとエンダイブの
  オーブン焼き ユダヤ風

 メイン 
  牛すね肉の胡椒 梨の水煮添え

 パスタ2品

  秋刀魚と茄子のリングイネ 
  梨とすだち添え

  巨峰に身を焦がす迷える 
  仔羊のオレキエッテ

 デザート2品

  薔薇と葡萄の硝子デザート
  葡萄のモカエクレア

 

さてさて、メインの料理が
運ばれて来た時です。

髪が肩ぐらいまである可愛らしい女性店員が
くまさんに向かって

「あら、大根入ってるわよ」

と申します。
(このお料理、煮た大根の上に、煮た梨、
その上に牛すね肉が乗っています。)

 

すると、くまさんの顔がむっとして
口調が少し尖って。
次第に赤くなってきて、顔のあたりが
着火するのをはっきり見たのです。

「それが、どうかしたか!」

と言わんばかりの表情。

 

彼(くま)は週4日も通う
お店の常連さんですから、
女性店員とは気心しれていて、
からかわれているのです。
くまさんが、大根が苦手という事実よりも、
その表情。
少し距離のあるわたしには見せない表情に

「あぁ。あら。」

と、私の心が呟きます。
彼の意外な側面を覗き見れて、
心の中がほくほくしました。

 

そして、実はくまさん、
お仕事は各地で朗読と音楽のイベントを
企画することなんです。
その屋号は ignition gallery と言います。
さてさて、「ignition」 って
どいう意味でしょうね?

 


「けもの」Web

 


2017年11月11日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です