神様っているのねー。 ー 板 香澄

 

イラスト:板 香澄

 

私の務めるデイケアでは、
年に一回秋にお出掛けレクリエーション
というのを実施しています。

 

利用者さんは普段、
介助がなければ外出が難しい方ばかり。
家族がいても、
大変なので外に連れて出ないというのが
ほとんどなのです。
ですから、利用者さんにとっては
お出掛けレクリエーションは
年一回の大イベント。
今回は、近くのショッピングモールへ
買い物お出掛けでした。

 

お連れした I さんは、
健康サンダルの底が剥がれたのを直す為に
接着剤がほしいと言われ、
100円ショップで接着剤を一緒に見て、
良さそうなのを購入。

息子はね、そんな壊れたのは
捨てればいいじゃないか、
と言うんだけど。
でもね…

とわざわざ持ってきた底の剥がれた
サンダル片方を手にしながら、

これで直るのね、
嬉しいわあ

と喜んでいらっしゃる。

 

施設に戻って、買った接着剤で
サンダルを直して差し上げたのも
とっても喜ばれました。

 

そして、後日。
デイにいらしたIさんは、家に帰ってから、

どんな風に直すか見せてもらったから、
自分でもう片方も直せたの、
本当に本当にありがとう。
神様っているのねー。

と満面の笑み。

 

こんな風に感謝の気持ちを
まっすぐに伝えてくださる、
しかもIさんがデイに来る度
4回くらいお礼を繰り返されたのでした。
接着剤を買って
サンダルを直しただけなのに。

 

こんな風に感謝されるというのは、
どんなプレゼントよりも嬉しく
心を揺さぶるものなんじゃないか。

 

何度も私に届けてくださる感謝の言葉に、
実は、私はちょっと
涙が出そうだったのです。

 

自分もIさんみたいに感謝の気持ちを
まっすぐに伝えられる人でありたい

と思った出来事でした。

 


「Kasumi Ita mobile」Web


▼アンサー from ながい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です