考える楽しさを学ぶ本 ー 中村克子

 〜『思考の整理学』(外山滋比古著、ちくま文庫)〜

 

『思考の整理学』は
ずいぶん前に読んだことがありますが、
改めて読みかえしてみたらとても興味深く、
ためになる本でした。

 

“ 一晩寝て考える ” という言葉を
よく耳にします。
この本のなかで紹介されている
数学者・ガウスや科学者・ヘルムホルツは
一晩寝て、次の朝、目を覚ました時に
すばらしい考えや
大発見が浮かんだそうです。

 

著者の外山滋比古先生は

「考えごとをする時にはそれが
 重要であればあるほど
 しばらく寝かせておく時間が必要であり、
 こういう無意識の時間を使って
 考えを生み出すということに
 もっと関心をいだくべきである」 

と言っています。

 

数学者や科学者だけでなく、
凡人でもアイデアを生み出すときには
時間をかけて寝かす作業が大切なんですね。

 

皆さん、頭の中で寝かせてある
壮大な考えはありますか。
いつか、どこかでパッと花開く時が
くるかもしれません!

 


「青と夜ノ空」Web

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です