鳥を取りに行って見つけた呪文。ーchon-muop(たけうちみずゑ)

 

前回ここで櫻井さんが書いていたように、
鳥取に行ってきました。

 

鳥取には、劇団メンバーの
澁谷橙がおります。

 

彼が勤めるパブ&ゲストハウス「Y」の
パブ部分で作品を上演したり、
作ったり、語ったりしました。

 

そこで鳥取在住の方々と共に制作し、
触れ合う機会があり、
ある学生からこんな問いを受けました。

「予測してたものと違った時。
 初めに定めた目的地とは
 違う到達点だった時にどう思うのか、
   どうするのか」

 

その時なぜか
後悔って絶対するよね〜しか
言葉にならなかったことを
少しここに記してみます。

 

演劇を作っていて、
答えがひとつではないお題を
提示することがあります。
出題者がある程度の予測を立てても、
それとは全く別角度から
答えが返ってきます。

 

もちろんドンピシャな反応は
共有できたことのあらわれとして
嬉しいですが、その別角度は
発見があったり事態を
進展させたりもします。

 

『えーなんで、違うよ』

ではなく

『そー来たかぁ!』

と取りたいものです。

 

後悔はします。何したってします。
いつも後で気づいちゃうものです。

だから、思いきって
変化を楽しむ呪文として

『そー来たか!』

ととりあえず言います。
そっから共通や変換や差異など探ります。

 

ま、うまくいかないことも多々ありますが…
少なくとも私にとってチョンモップの2人は

『そー来たか!』

の連続なので12年経っても飽きません。

 

さて来月は、澁谷橙さん。
また別角度からこの時のことを
語ってくれるかもしれません…。

 


chon-muopのブログ『沸きあげ保温』

 


2018年03月26日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ, 劇団 chon-muop | | No Comments » 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です