1.18の土井さんへ

 
 
苦渋の決断っていうのがあります。
 
若い頃は、
 
「マンガを読もうか、テレビを見ようか」

ぐらいだったものが、
年々苦みと渋みを増してきて、
生活を左右するものばかり。
 
 
その度に苦味走った顔で、
いずれかの選択をするのですが、
失敗したなぁってことは、あんまりない。
 
 
いや、これは私の選択が常に正しい、
というとではなくて
どっちを選んでも、いつも忘れた頃に
 
「おお!こっちでよかった!
 
と思うタイミングががくるのだ。
世の中うまくできてるなぁ。
ニヤリとせずにはいられない。
 
 
選択に迷ったら、キツい方を選べ。
となんかの本に書いてあったけど、
まさにその通り。
キツい選択こそが、
あとから面白い展開を生む。
ような気がする。
 
 
普通に生きてきた私からは
「壮絶」としか表現ができない
土井さんの過去。
でも、この大変な選択の繰り返しが、
今の土井さんの面白い仕事を
産んでるんだろうなぁ。
それはきっと
このコラムで明らかになる、はず。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です