1.5の髙羽さんへのアンサー

1.5の髙羽さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
フォースとゾーン ”について。

 

断言させていただきます。
勉強において

「フォースと一体となる」

ことは最重要事項であります。

 

特に、やりたいことを全部やった上で
勉強も頑張りたい、
という方々は
フォースを操る他ありません。
逆を言うと、
フォースを操ることができれば、
勉強だけをするという
ツマラナイ学生生活から
脱却することができます。

 

フォースと一体となると、
問題文のほうから、

「ここポイントだぞ〜」

と手を振ってくるのが見えてきます。

 

なんでそんなに問題解くのが早いの?

と生徒から質問がきますが、
それは答えがわかっているからではなく、
見るべき部分「だけ」を見ているからです。
問題文が勝手に手を振ってくる。
すると、30分かかるところが
5分ですみます。

 

あぶない塾講師だと思わないでください。
粉飾を見つける会計士、
病巣を発見する医師、
はたまた数万のレコードから
渾身の一枚を拾ってくるDJ。
この人たち、
みんな同じことを言っています。
達人と言われている人たちはみな、
膨大なデータから
ポイントを読み取れる能力があります。

 

その能力をどうやって獲得するのか、
というとこれ。

感じることです。
つまりフォースと一体化すること。

 

最近は「感じない」勉強法を
とる人が多くなった。
とにかく物量作戦で筋肉をつける。
その結果、受験までの助走期間が
うんと長くなって、
勉強よりもはるかにおもしろくて重要な
「世の中」に触れる機会が激減しました。

 

それでも合格はできるだろうけど、
社会に出たらやっぱり
フォースを操れる人にはかなわないのです。

 

ジェダイもみんな
見た目は強そうじゃないけど強い。
一方で、筋肉隆々のでっかいやつが
真っ先に倒されるのは
少年マンガも映画ではお約束で、
現実社会でもそう。

 

だから、受験勉強という試練を通じて
フォースを操る力を養成して欲しい。
というのがうちの塾の方針。

 

clue zemi改め、
「ジェダイ養成塾」にしてみようかな。
私の名前も「マスター・ヨーダ」に
改名したりして。
うーん。完全に名前負け。

 

そうそう、
あの主役の女の子のおてんばぶりが、
どうしても髙羽さんと重なる。
棍棒を持って走っている
髙羽さんの夢を見ました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です