10月1日は日本酒の日 ー 中田瑞貴

 

 

突然ですが、10月1日が
「日本酒の日」ってご存知ですか?

 

日本酒のラベルには、
酒造年度(BY=Brewery Year)が
記されています。

 

昭和39年まで酒造年度は、
10月1日から翌年9月30日
(現在は、7月1日から翌年6月30日)
と定められており、蔵元では
10月1日を酒造元旦として祝っていました。

 

実は “10” という数字は、
何かと日本酒造りに
深い関わりがある数字です。

 

例えば、10月は収穫された新米をつかった
新酒が造り始められる時期であり、
蔵人たちが半年ぶりに蔵に入り、
酒造りの準備をする
「秋洗い」の時期でもあります。

 

ほかにも、10月の和名「神無月」の語源は
「神な月」ともいわれ、
つまり神を祭る月といった意味を持ちます。
そのため村々では、
秋の収穫を神に感謝して秋祭りが行われ、
人々は神と酒を酌み交わしました。

 

さらに…
干支で10番目に数えられるのが「酉」。
古代「酉」という文字は、象形文字で、
酒を発酵させた瓶 “酒壷” を意味しました。

 

そんな数々のエピソードから、
日本酒造中央会が、
10月1日を「日本酒の日」としたのです!

 

私のお店でも、
「日本酒の日」をお祝いして、
毎年日本酒祭りをしています。
今年は、お店で人気の銘柄を
より多く取り揃えての開催です!

皆様も「日本酒の日」に
おいしい日本酒で乾杯しませんか !?

 

 

「越中大将」facebook

 


2017年09月29日 | Posted in 余談Lab, ひらめきのタネ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です