10.19 克子さんへ

 

10.19克子さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
自分の手の届く範囲でつくられた本
について。

 

公園で開催中のイベントに出店しながら
克子さんへのお返事を書いています。

 

なんと今日は仙台で
「アルネ」のイベントに参加。


克子さんが紹介していた「アルネ」とは

また別の「アルネ」ですが、
驚くのは名前が同じ、というだけでなく
感覚も同じということ。

 

仙台のアルネはオーナー峯岸さんが
それこそ「手の届く範囲」で
はじめたマルシェ。

 

いろいろなつながりを編集し続け、
いつの間にか公園で開催されるほどに。

 

「手の届く範囲」というのは
決して「小さい範囲」という意味ではなく、
矛盾するようですが
「無限に」広がっていくものなのだな〜と
感じながら今日を過ごしております。

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です