11.11の青羊さんへ

 

11.11 “ けもの ”の青羊さんによる
「ひらめきのタネ」への書き込み
着火する大根について ”。

 

勉強でも運動でも、なにかを習うとき
先生選びの基準は

「失礼なやつであること」

だと思っています。
あくまでも持論ですけども。

 

失礼であり、相手の失礼を許容するひと。
そんな人を側に置いておけば、
遠慮なくなんでも聞けます。

 

「なんかわかんねーけどわかんねー」

勉強をしているとこういう場面に
多々出くわします。
が、なにやら難しい顔をしている先生に
そんな質問はしにくい。

 

clue zemiでは質問しやすいように、
先生も失礼だし、生徒も失礼。
お互いにからかいあえる関係だからこそ、
勉強がススム。

「おいシャチョー。わかんねーからコッチ」

と、指でクイクイっと呼び出される私。

「学びの場としてケシカラン」

なーんて言われもしますが、
勉強を理解して楽しんでもらうのが
我々の仕事ですし、
嫌じゃないんですよね、そういう関係。

 

さて、また濃ゆーいかたが、
「メゾンこかげ」に
入居されました。
シンガーソングライター
“ けもの ”の青羊さん。

 

大変失礼なことではありますが、
コラムをいただくまで、青羊さんのことは
ノーマーク。
さっそく聴いてみると…
どっぷりハマりました。

 

いや、まだ1、2回聴いただけだから
まだまだだな。
なにせ、あの「菊地成孔」が
プロデューサー。
音も言葉もとんでもなく複雑
かつ綿密に絡み合っているのは間違いない。

 

これから「ひらめきのタネ」で展開される
青羊さんの頭の中(と、けものの話?)が
とってもたのしみ。
青羊さん、よろしくお願いします。

 

 


2017年11月13日 | Posted in 余談Lab, お返事, ひらめきのタネ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です