11.14の赤木さんへ

 

11.14赤木さんのコラムについて。

 

ん?
レオナルド・ダ・ヴィンチ⁇

 

ちょうど歴史の授業用に
ルネサンス期の資料を作ってたとき、
赤木さんのコラムがやってきた。

 

「着やすい」

「着心地がいい」

この言葉が意味するものは、
放湿性だったり通気性だったり、
てっきり素材についてかと思っていたけれど
それだけではない。
こんなに複雑な体の仕組みを
熟知して初めて、
着心地のいい服は完成するのですね。
もう、唸るしかない。

 

仲良しの服屋さんで試着すると、

「ね!着やすいでしょ!」

とニコニコしてくる。

「うん。着やすい」

なにが「キヤスイ」のかよくわからず、
若干、社交辞令的に
返事をしておりましたが…
(ごめんね)。

 

赤木さんの話を聞いて、なーるほど。
着やすい=人の動きを邪魔しない。
つまり、「違和感がない」ってこと。
どうりで実感しにくいわけだ。

 

愛読しているマンガ、「王様の仕立て屋」。

オリベが言ってるのはこういうことね!

と、パァッと目の前がひらけた感じです。

 

世の中の仕事には2種類あり、
1つは世の人々を
あっと驚かす刺激的なもの。
もう1つは生活に溶け込み
「空気」みたいになるもの。

 

赤木さんの仕事も塾の仕事も後者。
奥が深く、基礎を支える
やりがいのある仕事です。
が、なにせ「空気」なので
喝采を浴びることはない。

 

ちょーっとさびしい気もしますよ、
目立ちたがり屋のわたしは。

 

 

 

2017年11月16日 | Posted in 余談Lab, 2足のわらじーズ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です