11.7の花蓮さんへ

 

11.7 花蓮さんのコラムについて。

 

なんで本業と関係ないことに
マジになるのか。

 

花蓮さんを始め、
とにかくすぐマジになる人が
集まった余談Lab。

 

草食系の皆さんは
疑問に思うかもしれない。

「なんか意味あんの?」

と。

 

少なくとも私は意味なんて
考えたことがなく、

本能的にです…

というしかない。

 
 
でも、なんのデータもないけれど、
マジになると
思いもかけない展開」がある。
気がする。
 
 
手を抜いて声をかけられることはなくても、
度が過ぎて声をかけられることはある。
 
 
声をかけてくる相手もだいたいが

「度が過ぎてるやつ」

で、あっという間に
意気投合することがよくある。

 
 
度が過ぎてる同士がなんか企むと、
思いもかけないものができる。
 
 
それにまたマジで取り組むと、
また「度が過ぎてるやつ」が加わる。
なんて繰り返しで…。
 
 
いつの間にかそれが本業になってる
なんてこともある。
こともある、というか余談Labの筆者は
だいたいそういう流れであろう。
 
 
度が過ぎてる三人娘も
数年後全国ツアーをしているかもしれない。
 
 
んなバカな。
と思う前に、図書館に行って
伝記を借りてくるべし。
 
 
偉業とは「度が過ぎた」ところで
偶然生まれるものなのだ。
 
 
 

2017年11月08日 | Posted in 余談Lab, 2足のわらじーズ | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です