2017年映画館で観た映画Best3 ー 中村克子

 

2017年、最後の投稿は
本ではなく映画です!

 

映画を観るのが好きです。
正確に言えば
“ 映画館で映画を観る ” のが好きです。

 

社会人になりたての頃、
1年間に映画館で映画を
100本観るという目標を立てました。
がしかし、92本くらいで断念。
その後、実行には移していません。

 

実は今年、あまり映画を観ていません。
でも観た映画は
どれも記憶に残る作品でした。
というわけで2017年、
映画館で観た映画Best3を紹介します。

 

第3位「セールスマン」

イランのアスガー・ファルハディ監督の
サスペンス作品です。
この映画は、後味が悪かったということで
印象に残っています。
この人が犯人 !?
という驚きと、
ラストシーンの主人公の夫婦の
気まずそうな表情を今でも覚えています。

 

第2位「パターソン」

ジム・ジャームッシュ監督の作品。
「2足のわらじーズ」の大場綾さん
良かったとコメントしていました。
何と言っても永瀬正敏が
「ミステリー・トレイン」以来の出演で
感慨深いです。
私の中でのこの映画のキーワードは
“ ツインズ ” です。

 

第1位「ふたりの桃源郷」

「2足のわらじーズ」の浅野知子さんから
薦めてもらった作品です。
山口放送が
電気も水もない山で暮らす夫婦と、
離れて暮らす家族を
25年追いかけたドキュメンタリー。
“ 心は山にありました。”
このフレーズだけで泣けてきます。

 

映画のいいところは
(本にも当てはまりますが)、
自分が経験したことがないことを
疑似体験できるところです。

 

来年はもっと映画を観ようと思います。
もちろん本も読みます!

 

 


「青と夜ノ空」Web

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です