4.3の青山さんへ

 

4.3の青山さんによる
「ひらめきのタネ」の書き込み
生地をつくる面白さ ”について。

 

一般的に言われる、
勉強に適した環境とは、
私語厳禁で
他の人に邪魔されない、シーンとした空間。
というもの。
 
 
そうなると、input outputは各自で行う、
ということになります。
確かに問題に対して答えは一つなので、
解答にあるやり方を覚えれば正答できる。
そういう意味では勉強は一人でもできます。
 
 
受験勉強はそれでクリアできますが、
社会に出ると、ゼロから何かを生み出せ!
という任務が課されます。
 
 
その時に、パターンだけを
覚えるアタマでは
任務達成は不可能。
様々な角度からウニョウニョと
考える必要がある。
 
 
では様々な角度から考えるには
どうしたらいいか?
ということになりますが、
これはやっぱり、
人と話すことだと思うのです。
 
 
人と話すことによって「発想の多様性」
を獲得できます。
あれ、お前そんな風に考えてたの !?
俺はこうだけど!みたいな。
その話が化学反応を起こして
また別の発想に。
さらに他の人がやってきて、また化学反応。
 
 
そんな流れを経て、
いつの間にか、
自分の考えていたものとはなんか違う。
けど、いい感じのものが生まれるものです。
このHPなんかまさにそんなもので。
やってる私自身がおもしろくて
しょうがありません。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です