5.28 有福さんへ

5.28有福さんによる雑記帳への書き込み。
input output」。

 

outputばかりだと、
何もできなくなる・・・。

 

この言葉に何度もうなずいてしまいました。

 

同じような仕事をしているはずなのに、
前回の方がスムーズだったな・・・。
と思うことがよくあります。

 

一度やったことがあるんだから、
パパッと終わるはずだ。

 

と、取り掛かってみると、
ペンが全く動かなかったり。

「オレは成長どころか、退化しているのか?」

冷や汗が止まらなくなるときがあります。

 

遊び呆けて、
仕事をおろそかにしていたなら
自分でも納得ができます。

 

でも、けっこう必死にやってるときに限って、
この感覚に襲われるのです。

 

有福さんのコラムをみて、ハッとしました。

 

感動が空っぽになると何も作れない・・・。

 

 

これだ。仕事が進まない原因は。

 

感動っていうのは、知識・経験と違って、
「生もの」であるような気がします。

 

しかも、仕事そのものへの効果を把握しにくいから、
あと回しになりがち。

 

毎日意識して、
そういう場所や時間に身を置かないとなぁ。

 

勉強になりました。

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です