8.11 有福さんへ

 

8.8の有福さんによる雑記帳への書き込み
雰囲気づくりの閾値」。

 

“閾値(いきち)はどんなことにもある”

 

おぉ!
思わず膝を打ちました。
勉強にも同じことが言えます。

 

ちょっと辛口なお話をしますが、
目の前の技術とか、方法とかで

「あの塾は伸びない」
「やり方があわない」

と、転々とする人が多いけど、
どこの塾や学校に通うにせよ、
まずどっしり腰を据えてみる。
与えられた課題をやりまくれば、
なんかの壁を越えることができます。
大変だと思うけど、まずは量をこなすこと。

 

受験生界には 『評論家』 ってのがいて、

「あの参考書はここがダメだ」
「あの予備校では合格できない」

と、難しい顔をして批評してる
学生(親も)がいますが、
そういう人の99.5%は
「閾値」をこえていない方々。

 

批判する時間があったら、
まず量をこなしましょう。

 

 『評論家』 が合格した例を
私は知りませんよ。
と、偉そうなことを言ってますが、
私も昔、成績があがらないのを
ひとのせいにしてた。

 

これではダメだとある時期、
がむしゃらに英語を勉強。
そこから何かが変わりました。
きっと「閾値」を超えたのでしょう。
今まで見えなかった文の構造が
はっきり見えるようになりました。

 

隠れている関係代名詞など、

「ここだぞ〜!」

と、向こうから手を振ってくるような感覚。
医者も弁護士も料理人も、
達人と言われる人はみな、

「問題点が手を振ってくる感覚」

を持っているそうです。

 

そしてもちろん、
こんなテーマを語れる有福さんも達人。

 

「閾値」を超えた人たちの目には
何が見えてるのか。
それを探るのが、
「余談Lab」の役割でもあります。

 

 

2017-08-13 | Posted in お返事, ひらめきのタネ, 余談LabNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment